PICKUP

ACCESS

西武新宿線『沼袋駅』徒歩5分

 

マイクロスコープを使った精密根幹治療を受けたい方は 新大久保礒田歯科医院 顕微鏡診療センターへ

矯正治療を行うために、歯を抜くことが本当にいいこととは限りません。
歯には1本1本役割があり、本当に大切なのは、すべての歯が
その役割を果たすことだと考えています。
一般的な矯正では、歯の並ぶすき間がない場合、
歯並びの中間の歯を抜いて矯正治療をします。

私達は、あなたの大切な1本1本の歯を残すために、
歯を抜かない矯正治療を行っております。

一般矯正のまっすぐなワイヤーとは異なり、複雑に曲げられたワイヤーを使用します。
悪い歯並びというものは、歯の生えかわりの順序の違いや親知らずの影響によって、
歯が前に押し出されて倒れてしまっている状態です。この倒れている歯を本来の位置にまっすぐにすることで、
歯を正常な位置に治します。そうすることですべての歯をきれいな歯並びにすることができます。

この方法で歯を動かす場合は、歯の1本1本の間にループが入っているため、すべての歯を同時に動かすことが可能です。
そのため期間の短縮にもなり、早い方で6ヶ月、通常で1年から1年半くらいで終了できます。

従来、ワイヤーだけでは治せなかった治療ができるようになった
最新の治療法です。 この矯正用インプラントを用いることで、
たとえば激しくガタガタがある場合、歯を抜かなくては治せないものが、
インプラントを使うことで抜かずに治せるようになったりします。
また、顎の骨の大きさが左右で著しく違う場合には、
手術をしなければ治らなかったものが、手術をしなくても大丈夫になるなど、
様々な症状に対応することができます。
さらには、治療期間の短縮も可能にします。

見えない矯正装置をご希望の方には、マウスピース矯正を用いて治療を行います。
こちらは大変目立ちにくいため、誰かが見ても矯正治療を行なっていると
気づかれにくくなりますので、人前に出て話す機会が多い方にはおすすめの矯正治療です。
しかし、症状によってマウスピース矯正が適用できない場合もありますので、
まずはしっかりと初期診断を行った上で、改めて適用についてお話をさせていただきます。